オリエント数秘術とは  
ピュタゴラスが起源ではないかと言い伝えられる数秘術「アリスモロジー」・ユダヤ神秘主義思想カバラのゲマトリアから生み出された「カバラ数秘術」・アーユルヴェーダの概念に基づいた「インド数霊術」・日本においては原始神道の時代から存在する「言霊と数霊」・アメリカで19世紀末頃に生み出された「モダンヌメロロジー」・・・など、古代から現代、世界中の様々な地域で「数」の中に何かしらの力が存在すると信じられてきました。そして、賢人たちは、宿命・運命を読み解くのに「数の秩序と意味」を研究し、解読してきました。

古代ギリシャの数学者で哲学者でもあったピュタゴラスは「アルケー(根源的原理)は数である」と説きました。これは、世の全ての現象は「数」に支配されており、「数」によって説明できるという意味が込められています。音(音楽)に於いてもその重要性を言い伝えています。

「よい気」「悪い気」のことを、「よい波動」「悪い波動」といったスピリチュアルな表現がありますが、ピュタゴラスが説いた「アルケーは数である」という意味を理解するには「音」を例に挙げるが最もわかりやすいのではないかと思います。心地よい音とは調和のとれた協和音であり、不協和音はその逆となりますでしょう?ピュタゴラスは、構成する和音の各音の周波数比が簡単な整数比であれば協和音であるとし、目には見えない「音」というものの調和について目に見える数字という形に変えて解読し、「音階・周波数波動の調和と秩序」を人類で初めて証明してみせたと言われています。
旧約聖書「創世記」のバベルの塔では、もともと「言語」はひとつだったのが、人間の傲慢さから神の怒りに触れ互いに別々の言語でしゃべるようになってしまったと書かれていますが、言語は違っても耳に聞こえる「響き」は共通です。
もちろん中国語やフランス語のように多種多様な発音などの違いはありますが、
均すと母音と子音を「響き=音」に置き換えることが出来ます。日本に於いても古くから「言霊・音霊信仰」が存在します。
古代、世界のいたるところで「気づき」の共鳴が生じて「音」を「数」に置き換え解読することが研究されたとしても、何ら不自然ではありません。

「数」は、神の領域を解読するために科学が発達したことに結びつきながら、知れば知るほどに神秘性を帯びていったのです。
「数」は、無限大です。また存在を確かめる言葉でもあります。
「0」は無「1」は有というように・・・。
 
数秘術では、無限大の数を一桁の数字根に変換することで、数字の持つエネルギーを集約した単数1〜9までの数字と、さらに11、22、33というマスターナンバーを加えて解読します。
オリエント数秘術は、歴史上の数秘術の方法をベースに東洋の解釈を加えた独自の解読法を使っています。
無料鑑定のシステムを使えば、どなたでも、簡単に所縁のある「数」を算出して頂けます。

運命をより良い方向へ導くために、オリエント数秘術があなたのご参考になれば幸いです。


 
 

オリエント数秘術では、誕生数・姓命数・音霊数・年霊数などで、読み解く方法と、数秘カード・タロットカードを使って、限定した問題の対処を占う方法があります。運命数など、単数変換で導かれる数字を静的カリス(恵み)として解読し・カードを併用して導かれる数字を動的カリスとして占いに活用していくのです。詳細に関しては、ただ今執筆中ですので、しばらくお待ち下さい。

 
 
 
orient numerology  
プロフィール | 個人情報保護方針 | 免責事項 | お問い合わせ
Copyright(C) 2016 Orient Numerology. All Rights Reserved.