オリエント数秘術の読み解き方  
あなたのパーソナリティーを読み解くために、生年月日・氏名を単数変換し、1〜9、11、22、33
の基礎となる「数」を導き出します。計算方法は、以下の通りです。
 
生年月日の全ての数字を各年・各月・各日で単数変換し、最後にまとめて一桁の数字になるまで加算し、「数字根」にあたる単数を導き出します。
ただし、マスターナンバーとよばれる11、22、33は、一桁まで加算しないでそのままにします。
例)1985年11月17日の場合

(A)1985年→ 1+9+8+5=23→ 2+3=5→ 5
(B)11月→ 11(マスターナンバーはそのまま)
(C)17日→ 1+7=8→ 8
上記の(A)+(B)+(C)から誕生数を算出します。
5+11+8=24→ 2+4=6→ 6(誕生数)
 
例)1970年1月20日の場合

(A)1970年→ 1+9+7+0=17→ 1+7=8→ 8
(B)1月→ 1
(C)20日→ 2+0 → 2
上記の(A)+(B)+(C)から誕生数を算出します。
8+1+2=11→ 11(誕生数)
   
   
全ての数字を単数にして、一桁の数字になるまで加算し、単数を導き出します。
ただし、最終的に導かれた数字が11、22、33の場合は、そのままにします。
※誕生数とは算出方法が違うため、誕生数と誕生陰数が異なる場合があります。
例)1985年11月7日の場合

1+9+8+5+1+1+1+7=33→ 33
33(誕生陰数)
 
例)1970年1月20日の場合

1+9+7+0+1+2+0→20 2+0=2→ 2
2(誕生陰数)
   
   
         
姓命数は氏名・音霊数は愛称(あだ名)をローマ字ヘボン式に直し、下記の換算表を使って数字に置き換え最終的に一桁の数字になるまで加算し、単数を導き出します。
ただし、マスターナンバーとよばれる11、22、33は、一桁まで加算しないでそのままにします。
※愛称は、音霊を返します。あだ名、結婚後の新姓やよく呼ばれる敬称(SAN・SENSEIなど)もつけて入力。
123456789
↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ABCDEFGHI
JKLMNOPQR
STUVWXYZ・
 
し=「SHI」・ち=「CHI」・つ=「TSU」・ふ=「FU」・ざ=「ZA」・
じ=「JI」・じゅ=「JU」
拗音:「KYO」「SHU」「CHA」「HYO」「RYU」
きょうこ=「KYOKO」・しゅんいち=「SHUNICHI」・りゅうじ=「RYUJI」
長音:「O」「H」や「U」は記入しないのがヘボン式ですが普段よく使う方を入力。
おおの=「ONO」「OHNO」「OON」・さいとう=「SAITO」「SAITOU」
 
例)
姓名 山田 太郎・・・YAMADA TARO→ 7+1+4+1+4+1+2+1+9+6=36→ 3+6=9→ 9(姓命数)
愛称 ヤマちゃん・・・YAMACHAN→ 7+1+4+1+3+8+1+5=30→ 3+0=3→ 3(音霊数)
   
         
数秘術では、9年ごとのサイクルで運勢や時のテーマを見ていきます。
季節が移ろうように一定の秩序を持って流れる運気をとらえ、未来の
ヒントにすることが出来ます。生まれた日と年齢から算出します。
年霊数ではマスターナンバー11、22、33は、使用しません。
1〜9になるまで単数変換して下さい。
(計算方法は少し複雑ですので、無料鑑定の入力もご利用下さい)
 
例)19日生まれ・年齢満22才の場合

(A)生まれ日19→ 1+9=10→ 1+0=1→ 1
(B)年齢 22→ 2+2=4→ 4
上記の(A)から(B)までの数の個数を数えます。
 
例)25日生まれ・年齢満38才の場合

(A)生まれ日25→ 2+5=7→ 7
(B)年齢 38→ 3+8=11→ 1+1=2→ 2
上記の(A)から(B)までの数の個数を数えます。
   
   
     
宿星数は、恋愛の傾向ついて解釈の参考になります。
運命数は姓名をローマ字に変換した時、たくさん出現した数字と全く出なかった数字を書き出して、姓命数が示す特徴を補足するものです。
 
 
 
orient numerology  
プロフィール | 個人情報保護方針 | 免責事項 | お問い合わせ
Copyright(C) 2016 Orient Numerology. All Rights Reserved.